太宰府天満宮

天満宮 学問の神様 菅原迫真公をまつる。901年右大臣から突然大宰府に流された道真は 2年後、この地で亡くなった。
その墓の上に建てられたのが天満宮で、現在の本殿(重要文化財)は1591年(天正19年)の建築である。
心字池の橋の傍らには室町時代の志賀社(重要文化財)があり、宝物殿には国宝や重要文化財の数々の宝物が納められている。
広い境内には梅・クス・花しようぶなど四季折々美しく、正月のうそ替え・鬼すべ、春の曲水の宴、秋の神幸式など古い歴史をしのばせる祭がある。

”太宰府天満宮”

目次

見出し2001
見出し2005
見出し2010


記事本文

見出し2001

記事本文が入ります。記事本文が入ります。

見出し2005

記事本文が入ります。記事本文が入ります。

見出し2010

記事本文が入ります。記事本文が入ります。